ロックンロールで一夜漬け

ロックンロールで一夜漬け

音楽に踏み込む探検日記。月曜更新

酔っ払った夜に聴く透明少女は

 
 
とてもよい。
 
 
というお話です。
 
 
 
そろそろ夏らしくなってきました。
人によって、夏になると聴きたくなる曲というのがあるんじゃないかと思います。20代だとオレンジレンジとかバンプ天体観測とか、フジファブリック若者のすべてとか…。
 
上の世代ならサザンや、もっと言えばBeach boysなんかも夏‼︎ってかんじですね。
 
 
 
僕は、この時期は無性にNUMBER GIRLが聴きたくなります。
ナンバガ自体は年中聴いてるんですが、特にこのバンドの曲というのは真夏の情景にメチャメチャ合うんですね。
それも気が狂いそうなほどの猛暑日の。
 
真冬に聴いても気分だけ夏になってくるので、屋外なのに冷房が効き過ぎて寒い時のような変な感覚になります。これはマジです。
 
夏という言葉の入る曲がすごく多いバンドですが、やっぱり一番好きなのは透明少女です。
 
 
 
目がヤバい。
 
バリヤバい。
 
真夏、少女、軋轢、風景、記憶といったあたり、
まさに向井秀徳って感じの歌詞ですね。
 
普通は夏の曲というと、冒頭に挙げた曲のように海や山、キャンプや祭りを思わせるようなものが多いですが、この透明少女に関してはそんなワードが全然出てきません。
むしろ都会の街のヒートアイランド現象の真っ只中、滅茶苦茶に暑い真夏の日の景色が想起されます。
 
このへんで本題に入りますと、
 
これを、飲み会の後の帰り道にバカでかい音で聴くと、まー気持ちいいんですわ。
言葉で説明するの難しいんですが、ウオオォォアアァァァみたいな、深夜テンションのさらにその先みたいな。
 
そして、
 
そしてそのまま、
 
力の限り全力疾走。
 
これ本当に超楽しいです。
PVもそんな感じの事してるし。
 
 
この 1分30秒あたりのとこのお兄さんのカンジです。
 
 
酔ってる時というのは体にエネルギーが回りにくくなるので、走り終わったあと死にそうな程苦しくなるんですが…。
 
それもそれで。