ロックンロールで一夜漬け

ロックンロールで一夜漬け

音楽に踏み込む探検日記。毎週月曜更新

クロマニヨンズの新曲

 

こんにちは。敬老の日ですね。

月曜なのを忘れていて、21時から書き始めました。

 

今週はなんといっても、アレです。

ザ・クロマニヨンズの新曲「ペテン師ロック」が14日にリリースされましたね。

クロマニヨンズは毎回音源をCDだけでなくアナログ盤でも出していまして、ここ何年か僕は毎回そっちを買っています。今回はシングルなので7inchの小さい奴で、いわゆるドーナツ盤というものです。

ジャケットは不思議なハンドサインの銅像を撮ったものです。指を交差してるのがペテンなのか。そんなことないかな。

曲は2曲で、

A面:ペテン師ロック

B面:ハードロック

という構成でした。

 

いや、ハードロックって・・・。笑

 

ペテン師ロックはとにかくイントロのヒロトのハーモニカが印象的ですね。渋くてカッコいい。ブルースも入りつつ、歌謡曲のにおいもするフレーズだと思います。

歌詞については、俺は涙を捨てたペテン師ってなもんで、クロマニヨンズには珍しくハードボイルドな世界観です。ヒロトがここにきて抱きしめてくれなんて言うとは。

ロックンロールは子供騙しなんていいますから、そういう意味でのペテン師ってことなんだろうと思います。結構大人向けの感じですね。

次のアルバムはこの曲がリード曲ということで、また今までと違った空気になりそうで楽しみです。

 

B面のハードロックは…、うん。

ハードロックだこれは。

ペテン師ロックはヒロト作で、こっちのハードロックがマーシー作ですね。

ギターがハムバッカーのレスポール使ったのかな?って感じで、ぶっとい低い重い音なのが印象的です。ハードロックという曲名だけあって、リフもロックンロールよりはハードロック寄りのフレーズです。こっちの方はマーシーのギターがより前に出て聴きごたえのある印象です。

歌詞については、隣の部屋の人がハードロック聴いてるぞーって、すげぇシンプルで生活感あふれる感じですね。

どちらもツアーで聴くのが楽しみです。

今年も60本近くのツアーで東京にも5回も来てくれるようで、とても幸せです。

1番好きなバンドがこんなにライブしまくってるって非常に恵まれていることですよ。

 

あとは本当に、ファンとしては体調に気をつけて、倒れずにやっていただきたいと思うばかりです。