ロックンロールで一夜漬け

ロックンロールで一夜漬け

音楽に踏み込む探検日記。月曜更新

1日の終わりに聴きたい曲

 

こんばんは。

 

年内最後の更新になります。

今年から始めたこのブログですが、何だかんだ毎日誰かに見ていただいているようで、大変ありがたいことです。

そもそもこのブログは、音楽を聴いていて「こんな面白いものがあったぞ!」ということを、あくまで自分のために書き残しておこうと始めたものです。ふだん誰かに曲やバンドを紹介するような文体で書いてはいますが、実質的には机に貼っておくメモ書き程度のものです。

重ね重ね、たまにでも見て下さっている方々、偶然このページだけ開いた方も、本当にありがとうございます。来年は少し忙しいので、時には短くなったり隔週になったりするかとは思いますが、たまに覗いていただければ幸いです。

 

さて。

年末というのは、年が終わるだけあって、物事の終わりを思わせる出来事が多いものです。

そしてそういった区切りの際にもまた、音楽がよく使われるものです。どんなドラマにも最後にはエンディングテーマが流れ、卒業式には仰げば尊しが歌われます。大晦日はやっぱり紅白歌合戦をちらっとは観たくなるものです。

同じように個人個人にも、1日の終わりや仕事が終わった時に聴きたくなる曲というものがあるのではないかと思います。

ありませんかね。いえ、僕はあります。

ということで今回は、いつにも増して個人的な話になりますが、「ひと段落ついたな」という気分の時に合う曲について書いていきたいと思います。

 

・ Tumbling Dice/ The Rolling Stones

 

ストーンズのTumbling Diceです。これは確かストーンズの公式ビデオの最後に数秒流れる曲で、だから終わりの曲っぽいって事もあるかもしれません。

歌詞の内容が「俺を転がしてみろよ、俺に賭けてみろよ」というものなんですが、和訳の解釈次第では「好きにしてくれ、俺は転がされるサイコロなのさ」という風にもとれるなぁと思っています。つまり、自分ではどうしようもないところで転がされているというような意味ですね。そこのところが疲れてる時は心地いいです。

イントロのリフは、ストーンズの中で1,2を争うくらいに好きです。

 

無情の世界/The Rolling Stones

これもストーンズです。この二曲は前にも取り上げたように思いますね…。好きなんです。

名盤と名高いLet It Bleedのラストを飾る曲です。この曲を聴きたくなる理由としては、歌詞の「何でもかんでもは手に入らないけど、いつかはいい事あるぜ」っていう、そこの部分に尽きます。アルバム版ではコーラスから始まる、とても綺麗なナンバーです。

アルバム中で散々ドラッグとかセックスとか言っておきながら、ラストにこういう綺麗で優しい曲を持ってくるの本当にあざといと思います。

 

A Hard Day's Night/ The Beatles

はい。ビートルズです。

この曲は映画の撮影に疲れたリンゴがつぶやいた一言からきてるという逸話もありまして、仕事や勉強で疲れたあとに聞くとよくハマります。ジョンのボーカルにジョージの12弦ギターによるソロ、そして何より謎多きイントロの一発と、聴きどころ満載です。 

恥ずかしながら、むかし歌詞の中のfeeling alright という部分をBeer is alright と聴き間違えていて、「ビートルズってビール好きなのかな?」と勘違いしていました。そのせいでビール飲むとこの曲を思い出します。

 

ズレてる方がいい/エレファントカシマシ

邦楽いきましょう。エレファントカシマシの「ズレてる方がいい」です。先々週取り上げたばっかりですが、いや、これ好きなんです。

何かしくじった日や、飲み会や食事会でなんとなく空気に馴染めなかった時なんか最高です。

誰かと上手くやれなくても気にすんなよ、思いっ切りやれよ、というのはロックンロールの本質のひとつでもあると思います。

 

ええねん/ウルフルズ

ウルフルズです。ウルフルズ好きそう、とよく言われます。はい、好きです。

この曲はサラリーマンneoという昔やってたNHKのコント番組のエンディング曲でした。それもあってか、帰りの満員電車とかで聴くととてもよいです。ええねん、という馴染みやすい言葉でこんな王道ロックンロールを作るって凄いことだなーと思います。余談ですけど、チャックベリーとかリトルリチャードって関西弁使いそうですよね。

奥田民生とセッションしてる動画がありまして、こちらも好きです。

 

日曜日よりの使者/THE HIGH-LOWS

ハイロウズです。日曜日よりの使者って言葉自体がもうとても優しくてワクワクする発明だと思います。

たしかダウンタウンを観て作った曲とネットにありましたが、僕からすればヒロトマーシーが日曜日の使者そのものです。

ゆったりとしたテンポに、ライブではマーシーのブルージィなギターが味わい深い曲でもあります。

金曜夜はコレで鉄板です。

 

今回はここまでです。

なんだかまた一段とおっさんくさくなった気がしますが…、それもそれで。

いくら好きな趣味があっても、なかなか時間がとれないと楽しめない事もあると思います。

しかし、ロックンロールなんてものは忙しくても3分あれば聴けます。それで一日中いい気分になれたりするわけで、いいものに出会えたなと常々思います。

来年も色々聴けたらいいな。

 

それでは、よいお年を。