ロックンロールで一夜漬け

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロックンロールで一夜漬け

音楽に踏み込む探検日記。毎週月曜更新

never young beachのメジャーデビュー

 

おはようございます。

なんだかバタバタしていたら、久々にてっぺん超えて完徹しました。

寝なくても朝は来るんですよね…。

 

never young beachがメジャーデビューすると聞きました。嬉しい知らせです。

このバンド、ちょうど最近好きになってよく聴いたところでした。

オアシスとネバヤンが最近のヘビロテです。

いわゆるシティポップというジャンルにあたるバンドだそうで、つまりはっぴいえんどの血筋だと僕は勝手に思っています。

インタビューを見ると本人達はそこまではっぴいえんど大好き!ってわけでもないようですが、その流派にあたるのは間違いなさそうです。

なにしろ、声が。

歌がもう、思いっきり大滝詠一です。

といってもただの物真似というわけでは勿論なくて、むしろ非常に独特な味のあるバンドです。何より、今まで聴いたことがないはずなのに、全く初めて聴いた感じがしないから不思議です。それだけスッと自然に耳に入ってくるということでしょうか。もはや小さい頃に聴いた気さえするほどで、ある種のノスタルジーさえ感じます。2014年結成なのに。

歌詞の雰囲気はというと、これが非常にゆったりまったりしていて、日々の暮らしの中の幸せを歌う曲が多い印象ですね。なんだか達観しているというか、老成しているというか…。

喫茶店と言われると風をあつめてを想起させられます。この曲は特にはっぴいえんどに寄せられているような気がしますね。

人気のない珈琲屋で摩天楼に思いを馳せるのがはっぴいえんどで、かたやお店を出て商店街の匂いや河原の景色に幸せを見出すのがネバヤン。そういう風な対比はいかがでしょうか。

一方で、はっぴいえんどと特に違うのは、どことなくトロピカルな演奏でしょうか。

南国というか、西海岸というか、Beach Boys風味というか…。 クリーンのギターにリバーブを強めにかけた単音は、ベンチャーズなどのビートルズが入ってくる前のアメリカのインストバンドみたいだなーとも思います。

このギターがまた、とても聴き心地がよくてじんわり沁みてきます。よい。

これは一番最近の曲ですが、この曲はちょっと他の比べてまた異質な印象です。他がわりとのらりくらりとしてるのに、この曲の主人公は別れに身悶える若者です。ボーカルも悲痛な叫ぶような歌声で、こういう一面もあるのか!という曲ですね。 

 このバンド、メジャーデビューするだけあって実際人気もかなりあるようです。よく見るとつい最近までインディーズだったのにYouTubeでもMV再生回数が既に100万超えやそれに近い曲がいくつかありますね。また、去年CJDにも出ていたようで…。結成3年目でこれって、めっちゃ順調に売れていってるバンドなのではないでしょうか。でもそんな感じがしないというか、売れ線じゃない独自路線でその成果というのがまた素敵です。

 なんかもう「これが完成形なんじゃないの?」と思いたくなるくらいスタイルの確立された音楽をやっている印象のnever young beachですが、まだメジャーデビューしたての年も若いバンドということで、これから更にどうなっていくのかが非常に楽しみでもあります。

こんど爆弾ジョニーとネバヤンの対バンがあるそうで、とっても気になります…。

行けるかな…。